Home » ストリート系 » amebloを上手に活用しているシンガーソングライターさんのブログ

アコースティックギターの弾き語りシンガーソングライター、musicoさんのブログです。

最初の記事に直近の活動やtuwitter、facebook、ラジオ放送などの、ファンがまず知りたい情報がまとめられており、固定されているので、閲覧者はまずそういった欲しい情報をすぐに手に入れることができます。右側には二曲ほどキャッチ―なナンバーがyoutube貼り付けの形ですぐ聞けるように配置されており、試聴が手軽にできるのも魅力的です。こういったところから、このブログがミュージシャンのブログとしては手堅いつくりとなっていることがすぐにわかります。

 

musicoさんの曲は、まさに親しみやすい女性歌手のポップスといった感じで、けれん味のないカジュアルな服装のキュートな女の子が、可愛らしい地声と軽やかなギターで奏でるポップすといった風な音楽ですが、そのポップさとは裏腹に、しっかりとした安定感のある声量と美しい和音が曲の随所に見て取れます。

 

ラフなポップスという見た目に反して、かなりの実力派シンガーであることは、少し音楽を聴いた人ならばすぐにわかります。また、その実力相応に、ライブなどの活動を盛んに行っていらっしゃることがブログで告知されています。musicoさんのファンなら、ブログ記事を見るだけで、彼女のライブなどの情報をすぐ入手することができます。

そういったファンへの告知装置としての役割の一方で、ファンサービス的に、musicoさん個人の日常の出来事なども記事に挟み込んでおり、彼女の魅力からファンになった人々が、彼女のことを身近に感じられるようきめ細やかな配慮がされています。更新自体も、一週間に一度は必ず更新されるなど、ファンを退屈させない運営がされています。

 

必ず写真入りで記事を書かれており、ブログ自体のデザインが可愛らしいけれども落ち着いた雰囲気の中で、読者が画像から記事に入り、記事や告知を楽しめるように配慮がされています。可愛い顔文字が多いのも本ブログの特徴ですが、こういった、カジュアルポップな作風のミュージシャンの方が、その作風にあった親しみやすい顔文字を使うのは、読んでいる方も「あ、musicoさんのブログだ」と実感できて、楽しませてくれる仕様です。

『哀』からあふれる切なさ、優しさ、暖かさを歌っているというキャッチコピーですが、デザインから運営方針まで、ポップで、暖かく、ちょっと切ない、そんな雰囲気が一貫して表現されており、ミュージシャンのブログとしては、ブレがなくクオリティが高いタイプのものです。